八千代松陰中学校・高等学校にてオンライン英会話プログラム「デザイン&コミュニケーション」を実施

株式会社トモノカイ(東京都渋谷区 代表取締役社長:徳岡臣紀)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、5月以降も全国の中学校・高校生の休校が続くことを踏まえ、中高生向けのオンライン英会話プログラム「デザイン&コミュニケーション」を開発し、八千代松陰中学校・八千代松陰高等学校にて中高生を対象に実施しました。

「デザイン&コミュニケーション」は、英語×デザイン×世界の人々というコンセプトで、どこにいても世界とつながることができることを感じる、言葉、ジェスチャー、視覚的情報を最大限に活用し、自由な表現の楽しさを知る、オンライン英会話プログラムです。

本プログラムは4回のセッションで構成されており、ファシリテーター4名と共にグループワークを通じてデザインアクティビティを学び、最終日に各グループで議論したデザインアクティビティを発表しました。

▼プログラムの流れ

▼プログラムの様子

▼参加した生徒のコメント

八千代松陰中学校

・別々の部屋に分かれた時に拙いながらも英語でコミュニケーションをとることができました。自分の知っている英語とは違くて楽しかったので来週が楽しみです。(中学3年生)

ちゃんとした英語でなくても、伝えようとしたら、留学生は受け取ってくれました。もっと、いろいろな単語を知って、説明が難しかったことも言えるようにしたいです。また途中の留学生への質問コーナーでは、漢字が難しい、読めないなど、漢字が留学生にとって難しいことが、分かりました。(中学3年生)

八千代松陰高等学校

みんなと一緒に外国人が思う今の日本の問題を考えて知れたのでとても良かった。(高校2年生)

・海外の方たちに分かりやすいデザインを考えることは大変だと思い、それと同時にもし、自分が旅行者として初めて日本を訪れたときのことを想像することができた。(高校2年生)

・他国と日本の文化や生活の違いを知れるのは面白かった。外国人の人が日本に来ると意外な所でカルチャーショックを感じたりしていることが分かった。(高校2年生)

・日本に帰国してからは英語をあまり話す機会がなかったので、とても良い機会でした。少し緊張してしまったのとスピーキング力に自信がなく話せなかったので、次はもっと話せるように努めたい。周りの語学力が高くとても刺激になった。(高校3年生)

▼八千代松陰中学校・高等学校 飯塚先生のコメント

①プログラム導入に至った経緯と実施した感想

コロナ禍の中、学校の正課の授業以外の学びの機会を提供したかった。
もともと土曜日に対面での講座をお願いしていたので、場をオンラインに移行して実施していただいた。ただでさえ「英語」というハードルがある中、「デザイン」まで思考を深めるプログラムであり、大変よい機会をいただいたと感じている。

②プログラム受講前後での生徒の成長や変化

まずはオンラインでのコミュニケーション、特にグループ内でのディスカッションの経験をさせられた意義は大きい。また、対面での授業を実施できない現状において、「英語を使わないといけない」環境に身を置くことで、英語を話し続けることの価値を感じている生徒も多かった。

③今後、当プログラムに求めること、改善点

可能であれば、継続して実施していきたい。テーマも、今回は「デザイン」ということだったが、「SDGs」や「留学生の専門分野」など、キャリア教育やPBLにつながるような内容を期待したい。

▼本プログラム担当者のコメント

当社は年間120校以上の中学校・高校で英語コミュニケーションプログラムを運営する実績があり、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、休校や海外研修中止への対策について多く学校より相談を頂いております。

グローバル体験学習の機会を維持するため、当プログラムをご利用いただき、生徒様にオンラインでのグローバルコミュニケーションを体験頂ければ幸いです。

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ グローバル教育共創室 担当:伊丹・神山

お問い合わせはこちら

調査レポートを無料配布中!「Withコロナ時代の学校の在り方を模索する」

株式会社トモノカイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:徳岡臣紀)は、 新型コロナ感染症拡大の長期化に伴い、学校現場で見えてきた課題に対して、現在進行形で取り組む先生や実践者にインタビューし、調査レポートを作成しました。

現在、本レポートを学校関係者の皆様へ無料で配布しております。

新型コロナ感染症拡大の第二波、第三波に備え、各学校関係者の皆様へぜひご一読頂きたい内容となっています。※本レポートはYahoo!ニュースの記事としても掲載されており、レポートの一部をご覧いただけます。

「withコロナ」時代の学校の「あり方」を模索する ミネルヴァ大学大学院と新渡戸文化学園の事例から

掲載先:Yahoo!ニュース

ご興味のある方はお問い合わせフォームより、学校名・住所・発送方法・必要部数を明記の上、ぜひご依頼ください。

営業日1,2日以内を目途にメール送付または郵送でお送りいたします。

トモノカイ調査レポート概要

テーマ:Withコロナ時代の学校の在り方を模索する

課題(1)再び休校となっても、オンライン授業とオフライン授業の切り替えが滑らかに問題なく接続できること。また、オンとオフ両方の特性を理解し、効果的な学びの場を設計すること。

課題(2)オンライン授業を既存のオフライン授業の代替から、その特性を活かした効果的な授業へ移行するために、どのような視点で取り組めば良いか。

①事例研究:ミネルヴァ大学大学院

高負荷なアクティブラーニングをオンラインで実現する方法
卒業生 植山智恵さん

関連キーワード:アクティブラーニング、オンライン授業、ミネルヴァ大学大学院、ルーブリック評価、思考習慣、反転学習、ALF、ICT

②事例研究:新渡戸文化学園

制約下だからこそ実現した「未来の学校」のあるべき姿
山本崇雄 先生

関連キーワード:生徒の主体的な学び、オンライン授業、メタ認知、自己評価、行事設計、iPad、新渡戸文化学園、Google Site、Classi、Google Classroom、自律型学習、AI学習システム、Qubune、eboard、個別学習、評価と学習進捗の見える化、ハビネス・クリエイター

③Withコロナ時代の学校の在り方に関するコラム

学校再構築という究極のプロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)
育児・教育ジャーナリスト おおたとしまさ氏

関連キーワード:学校再構築、Withコロナ、プロジェクト・ベースド・ラーニング、PBL

④ Withコロナ時代の学校の在り方に関するコラム

学びの孤立化・孤独化を救う次なるステップへ
株式会社トモノカイ 放課後支援部門 部門長 河合類

関連キーワード:放課後の学習支援、オンライン学習、進路選択、オンライン自習室、情報発信ポータルサイト、主体性と責任、コミュニケーション量、学びの孤独化、学びの孤立化、セーフティネット、授業のICT、放課後のICT

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ 放課後支援部門 担当:吉田

TEL:03-6756-8622(営業時間 平日10時~19時)

Mail:n-yoshida@tomonokai.net

お問い合わせフォームはこちら

https://www.tomonokai-corp.com/contact/

Yahoo!ニュースにてトモノカイが実施したミネルヴァ大学大学院と新渡戸文化学園のインタビュー記事が掲載されました

2020年6月23日公開のYahoo!ニュースにて、株式会社トモノカイ 放課後支援部門が実施した、ミネルヴァ大学大学院および新渡戸文化学園に関するインタビューが掲載されました。

本記事は、トモノカイが作成したレポート「Withコロナ時代の学校の在り方を模索する」より、インタビュー部分を中心に、育児・教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が執筆と再編集行いました。

Withコロナ時代の学校課題に対する先進事例紹介となります。是非ご一読下さい。

「withコロナ」時代の学校の「あり方」を模索する ミネルヴァ大学大学院と新渡戸文化学園の事例から

教室で約40人が同時に黒板に向かって授業を受けるスタイルから見直さなければいけないし、1日6コマという「時間割」の概念すら障害となる。そもそも教員が「教える」という発想すら邪魔になるかもしれない。まさに一旦「常識」を脇に置いて、ゼロベースで「学校」あるいは「授業」を再定義する必要がある。

そのヒントを求め、教育ベンチャー株式会社トモノカイが、2つの事例についてのインタビューを行った。1つめは、100%の教育プログラムをオンラインで行うミネルヴァ大学大学院の実態。卒業生にヒアリングを行った。もう1つは、この機会をいち早く「学校改革」への推進力に変えた新渡戸文化学園の取り組み。こちらは教員に聞いた。

「withコロナ」時代の学校の「あり方」を模索する ミネルヴァ大学大学院と新渡戸文化学園の事例から

掲載先:Yahoo!ニュース

無料配布:レポート「Withコロナ時代の学校の在り方を模索する」

本インタビュー記事の基となったトモノカイ調査レポート「Withコロナ時代の学校の在り方を模索する」を、学校関係者の方に限り、無料で配布しております。

学校名・住所・発送方法・必要部数を明記の上、お問い合わせフォームよりご依頼ください。営業日1~2日以内を目途に、メール送付または郵送にて発送いたします。

トモノカイ調査レポート概要

①事例研究:ミネルヴァ大学大学院

高負荷なアクティブラーニングをオンラインで実現する方法
卒業生 植山智恵さん

②事例研究:新渡戸文化学園

制約下だからこそ実現した「未来の学校」のあるべき姿
山本崇雄 先生

③Withコロナ時代の学校の在り方に関するコラム

学校再構築という究極のプロジェクトベースドラーニング(PBL)
育児・教育ジャーナリスト おおたとしまさ氏

④ Withコロナ時代の学校の在り方に関するコラム

学びの孤立化・孤独化を救う次なるステップへ
株式会社トモノカイ 放課後支援部門 部門長 河合類

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ 放課後支援部門 担当:吉田

TEL:03-6756-8622(営業時間 平日10時~19時)

Mail:n-yoshida@tomonokai.net

お問い合わせフォームはこちら

https://www.tomonokai-corp.com/contact/

8/6から全5日間!夏の探究サミット2020セミナーを開催

株式会社トモノカイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:徳岡臣紀)は、2022年度からはじまる「総合的な探求の時間」に向けて、実践経験豊富な講師陣と共に、より具体的で現場感に沿った学び合いの場、「夏の探求サミット2020」を開催します。

日時:
第1回:2020年8月 6日(木)17:00-18:30「探求計画の立て方とは」
第2回:2020年8月11日(火)15:00-16:30「探求における生徒との関わり方」
第3回:2020年8月14日(金)14:00-16:30「より主体的な深い学びを実現するために」
第4回:2020年8月18日(火)17:00-18:30「探求を通じた教員のチーム作り」
第5回:2020年8月21日(金)17:00-18:30「探求の評価、どうする?」

主催:株式会社トモノカイ

対象:高等学校または中高一貫校の教師、探求学習に興味のある教育関係者

方法;参加型オンラインセミナー(ZOOMを予定)

費用:無料

募集:各回定員300名

応募締切:各回定員になり次第締め切りとさせて頂きます。

講師(順不同):
かえつ有明中・高等学校 佐野和之 先生、國學院大學 田村学 教授、 山梨県立吉田高等学校 廣瀬志保 教頭、熊本県立宇土高等学校 後藤裕市 先生、立命館宇治中学校・高等学校 酒井淳平 先生、株式会社トモノカイ 神原洋子

ウェブセミナーの詳細はこちらよりご確認いただけます。

【無料セミナー】「夏の探究サミット2020」8月開催!

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ 「夏の探究サミット2020」セミナー事務局

TEL: 050-1745-6688

ダイヤモンドにてトモノカイの留学生が参加するMusashi REDプログラムが掲載されました

2020年6月30日公開のダイヤモンド・オンラインにて、株式会社トモノカイの留学生がTA(Teaching Assistant/授業補助員)として参加する、武蔵学園の「Musashi REDプログラム」の取材記事が掲載されました。

REDとはResearch、Essay-writing、Discussionの頭文字から名付けられた、武蔵学園オリジナルの科学的なものの見方を育てるイマージョン教育プログラムです。

トモノカイの留学生(主に大学院生)は、母国を離れ英語を使って研究する先輩として、生徒の学習をサポートする目的で参加しています。

男子御三家「武蔵」が募る、「REDプログラム」とは何か

一見、中高に導入されている探究型授業のようだが、一味違うのは、すべて英語で行うイマージョン教育のプログラムという点だ。だからといって、参加者が英語に堪能な帰国生というわけではない。最初は英語での自己紹介もたどたどしかった中高生が、自らの研究発表を英語で行うのだから、その変化に保護者も驚く。

男子御三家「武蔵」が募る、「REDプログラム」とは何か

掲載先:ダイヤモンド・オンライン

これからも武蔵学園「Musashi REDプログラム」の発展に尽力するとともに、より良いグローバルな教育機会がご提供できるよう、 今後もより一層精進を重ねてまいる所存でございます。

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ グローバル教育共創室 担当:伊丹・土井

お問い合わせはこちら

八千代松陰中学校・高等学校にてオンライン英会話プログラム「キャリア&コミュニケーション」を実施

株式会社トモノカイ(東京都渋谷区 代表取締役社長:徳岡臣紀)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、6月以降も全国の中学校・高校生の休校が続くことを踏まえ、中高生向けのオンライン英会話プログラム「Career&Communication(キャリア&コミュニケーション)」を開発し、八千代松陰中学校・八千代松陰高等学校にて中高生を対象に実施しました。

「Career&Communication」は、日本にいる留学生と共に、海外や日本で学ぶ意味を考える、4日間のオンライン英会話プログラムです。

また、今回参加した留学生は大学院生が多く、日本を含む海外の大学院で学ぶキャリアについて生徒たちに語り、語学の壁を恐れずに挑戦する楽しさを伝えました。

▼プログラムの流れ

本プログラムは、前回実施した「Design&Communication(デザイン&コミュニケーション)」を、キャリア教育用に発展させたプログラムです。 留学生3名と共にグループワークとインタビューを通じてキャリアについて考え、最終日に生徒全員が自分のキャリアプランについて発表しました。

▼プログラムの様子

WEB会議ツール「ZOOM(ズーム)」を活用します。各セッションの開始時、留学生と共に今日自分が頑張ること「My goal!(マイゴール)」を宣言し合います。

留学生メンバーから生徒へメッセージカードのギフトを贈呈しました。今回の体験をいつでも振り返られる様にデザインしています。

▼参加した生徒のコメント

八千代松陰中学校

・大学院の修士の方がいて、ただでさえ言語の壁がでかくて日本に来るのも大変なのにすごいと思いました。私は将来外国で働きたいので色々なことを聞いてみたいと思いました。(中学3年生)

・回を重ねる度に英語で会話することが楽しくなってきました。今回は質問された内容がちょっと理解できなくて答えられなくて恥ずかしくなってしまった場面があったけど、留学生や先輩が日本語で教えてくれたりもっと分かりやすい形で質問を変えてくれたりしたのでとてもありがたかったし良い経験になりました。来週が最終回になってしまうのがとても寂しいです。(中学2年生)

・留学生と会話をして、「自分話せてる!」と実際は文法など合っていないかもしれないけれど、根拠のない自信が持てた。前回のDesign&communicationの講座では、緊張してしまって、留学生と話すことも難しく考えていた。しかし、いつの間にか留学生と会話することは、難しく考えなくて良いんだと分かってから、一気に楽しくなりました。(中学3年生)

・最初はとても緊張していたけど、レクリエーション?を通して、少し緊張も和らいで、面白かったです。部分的にしか、聞き取れなくても言っていることがなんとなくわかって、意思の疎通ができるのが楽しかったです。この調子で、外国の文化などを知ったり、英語に慣れていって、緊張しないようになれればいいなと思いました。(中学3年生)

八千代松陰高等学校

・今回のグループの先生がナイジェリアから来た方で、普段無縁のアフリカの文化や情勢を知ることができてとても楽しかったです。また、英語でお互いコミュニケーションができてとても楽しみながら英語を活用することができて良かったです。普段は行うことのできない「英語を実際に使ってみる」ことができて良かったです。(高校2年生)

・英語で他の人とコミュニケーションを取るのはとても面白かった。単語をもう少し覚えようと思った。周りの人が流暢に話せていてとても刺激になった。(高校1年生)

・今回はキャリアについて話してみて、内容が難しかったので、理解できなかった部分が少しあったが、伝えようとする努力を、今までで一番することが出来たと思うので、良かった。(高校1年生)

・はじめは、きちんと英語を話せるかや聞き取れるかが不安で緊張していたが、留学生の国や文化、キャリアなどについての話を聞いていくうちに、外国についてもっと知りたいと思った。また、もっと留学生と話したいとも思った。この講座を通して、海外の人と話をする楽しさを知ったが、自分自身の語彙力の無さにも改めて気付かされたので、もっと頑張りたい。(高校1年生)

▼八千代松陰中学校・高等学校 飯塚先生

①プログラム導入に至った経緯と実施した感想

前回「Design&Communication(※詳細はこちら)」に引き続き、講座をご実施いただきました。前回同様、ブレイクアウトルームの中で一生懸命に話をしようとする生徒たちの姿が印象的でした。「英語を使えるようになる」ことはもちろん目標の一つですが、「キャリアについて考えるために英語を使う」という構図が、他にはない優れたプログラムだと感じています。

②プログラム受講前後での生徒の成長や変化

コロナ禍においてSpeakingの機会が限られていて、かつオンラインコミュニケーションという初めて経験する環境下において、生徒たちははじめは戸惑いながらも頑張って発話しようとする姿が印象的でした。また外国人留学生は「英語を話せる人」ではなく「日本に何かを学びに来ている人」であるという意識から、キャリアについての考えも深めることができたのではないかと思います。

③今後、当プログラムに求めること、改善点

オンラインプログラムが定着し、受講生が増えれば、レベル分けとそれに基づく留学生の専門分野についてのより深いインタビューワークなどができるように感じました。これからの可能性をたくさん感じることのできるプログラムでした。

▼本プログラム担当者のコメント

①本プログラムを通じて得られる学び

今回は「キャリア」をテーマに、参加者一人一人の考えや気持ちを表現していく形でプログラムを行いました。正解のない問いに対して、留学生のキャリアを参考に、自身のキャリアを幅広い視野で捉えることが出来たのではないでしょうか。

②オンラインプログラムの面白さと難しさ

オンラインという環境は、プログラムが始まるまでは場の雰囲気が読めない分、通常のプログラムと比較して参加者の不安や緊張感が高いように感じます。

しかし、いざプログラムが始まると、オンラインによってお互いの顔をしっかりと見ながらコミュニケーションできるため、緊張や不安が払拭され、英語を話せた達成感や留学生との距離が縮まった充実感などは、通常のプログラムと同程度かそれ以上にご実感頂けております。

③オンラインプログラム、今後の展望

今後は、留学生の母国を臨場感ある形で伝えられるバーチャル体験等のコンテンツを組み込みながら、さらに進化したオンラインプログラムをお届けしたいと考えています。

本プログラムが、生徒様にとって、世界に興味を持ち、英語でのコミュニケーションを楽しく感じられるきっかけとなれば幸いです。

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ
グローバル教育共創室 担当:伊丹・神山
お問い合わせはこちら

読売新聞にてオンライン英会話プログラム「デザイン&コミュニケーション」が掲載されました

2020年7月7日公開の読売新聞オンラインにて、八千代松陰 中学校・高等学校(千葉県八千代市) が開講する土曜講座のテーマ「グローバル」で実施した、株式会社トモノカイのオンライン英会話プログラム「Design&Communication(デザイン&コミュニケーション)」の取材記事が掲載されました。

本プログラムは全4回に別けて実施。デザインの企画と制作は「日本に滞在する留学生の困りごと」をテーマに、問題解決型学習(PBL)のプロセスに則って進みます。

英語による留学生へのインタビューから、 生徒個人で問題を発見し、各チームで解決策となるデザインを制作し、最後に各チームの独自のデザインをプレゼンテーションで提案します。

探究・グローバル・表現をテーマに「土曜講座」…八千代松陰

「DESIGN&COMMUNICATION」の講座を取材した。ファシリテーターはナイジェリアからの留学生オブーゴ・マイケルさんで、外国人が日本で暮らすうえで役に立つ標識を描くという授業を行っていた。駅での乗り換え標識、漢字とアルファベットを並べた絵など、受講生たちは思い思いのスケッチを画面に表示させ、「This is my sketch(これが私のスケッチです)」などと英語で説明していく。また、グループを作って互いに自分の好きなスケッチを一つ選び、なぜその作品がいいと思うか、英語で感想を述べ合うプログラムも行った。

探究・グローバル・表現をテーマに「土曜講座」…八千代松陰

掲載先:讀賣新聞オンライン

八千代松陰中学校・高等学校で実施した「Design&Communication(デザイン&コミュニケーション)」については、こちらでも詳細にお伝えしています。ぜひご覧ください。

これからも八千代松陰中学校・高等学校の「グローバル」教育へ尽力するとともに、今後はキャリア教育や、探求学習の分野でもグローバルな教育機会がご提供できるよう、 より一層精進を重ねてまいる所存でございます。

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ グローバル教育共創室 担当:伊丹・神山

お問い合わせはこちら

サマーキャンプ再開に関する保護者の意識調査(2020年)

株式会社トモノカイは、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、東大家庭教師友の会の会員を対象に、サマーキャンプの認知度とサマーキャンプの再開について意識調査を実施しました。

2020年6月30日(火)
株式会社トモノカイ

調査概要

調査方法:メールでのアンケート方式
調査期間:2020/6/9(火)~6/22(月)
調査対象:中学生、高校生の子どもをもつ東大家庭教師友の会の会員
回答者数:22人

アンケート結果のポイント

  1. 73.3% が今年のサマーキャンプに行く予定はないと回答。<単回答、n=22>
  2. 行く予定はない/悩んでいる、それぞれの回答で最も多い理由は、新型コロナ感染症への不安、でした。<記述回答、n=22>
  3. 今年の夏休みは休校による授業の遅れを取り戻す事が優先、と考える保護者の意見も見られます。

回答者の属性と内訳

▼回答者の男女比

  • 回答者に男女の偏りはなく、男女比は50%。<単回答、n=22>

サマーキャンプの認知度調査と再開に関する意識調査

▼サマーキャンプを知っていますか?

  • 40.9%の回答者がサマーキャンプを「知っている」と回答 。<単回答、n=22>

解説:サマーキャンプについて

サマーキャンプとは、小学生と中学生、高校生を対象に、夏休み期間中、親元を離れて実施されるキャンプのことです。
本場アメリカでは、多くの家庭がサマーキャンプを利用します。日帰りから1カ月を越える長期のキャンプまで期間は様々です。
自然を純粋に楽しむキャンプはもちろん、グローバル体験、サイエンス、地域創生、SDGs、探求など、教育的な企画テーマを掲げるサマーキャンプも多くあります。

▼サマーキャンプを利用したことはありますか?

  • サマーキャンプを知っていると回答した9人のアンケート結果を集計。<単回答、n=9>
  • 55.6%にあたる5人が、サマーキャンプを利用したことがある、と回答。

解説:日本のサマーキャンプ事情

日本のサマーキャンプでは、2泊3日の宿泊型キャンプが主流です。
サマーキャンプの運営団体は、学校、旅行会社、教育会社、学童クラブ、NPO法人、地方自治体、に分かれます。
運営団体によって企画テーマは異なりますが、自然と触れ合う、集団生活を営む、この2点は共通します。
今後サマーキャンプは、国連で採択されたSDGsの流れもあり、子どもたちが自然環境に興味を持つ最良の機会として、発展し続けることは確実とみられます。

▼今年、サマーキャンプを利用する予定はありますか? (2020年夏)

  • 72.7%が利用する予定はない、と回答する。<単回答、n=22>
  • 利用するか悩んでると回答したのは、全体の27.3%に留まります。
  • また、利用する予定である、と回答した人はいませんでした。

▼利用したいと思う/悩んでる理由を教えてください。

利用するか悩んでいる、と回答した人のコメントを抜粋

  • 子どもの良い思い出になる。
  • 子ども自身の力を伸ばしたい。
  • 親元を離れ活動する経験をさせたい。
  • 特別な体験をさせたい。
  • 子どもが合宿好き。
  • 広い視野を得てほしい。

▼利用するか悩んでると回答した人へ、どのような点が解決されると利用したいと思いますか?

  • 80%以上の人が、新型コロナ感染症のリスクに関して回答する。<記述回答、n=6>

利用するか悩んでいる、と回答した人のコメントを抜粋

  • コロナがもう少し落ち着けば参加させたい。
  • 感染リスクが国内でほぼゼロになれば利用したい。

解説:サマーキャンプとイングリッシュキャンプ

イングリッシュキャンプとは、グローバル体験がテーマのサマーキャンプを指す事が多いです。
外国人と共にキャンプし、英語を通じてコミュニケーションする事で、日本にいながらグローバル体験ができます。
英語が話せる、日本の大学に通う留学生、アメリカの大学生、プロの英語講師などが参加します。

例えば、トモノカイの主催するイングリッシュキャンプ「Power in ME(パワーインミー)」では、日本の大学に通う教育意識の高い留学生が講師役として多く参加します。

▼利用する予定はないと回答した人へ、利用しないと決めた理由を教えてください。

  • 40%以上の人が、新型コロナ感染症が原因と回答する。<記述回答、n=16>

利用する予定はない、と回答したい人のコメント

  • コロナの影響で、夏季休暇がかなり短くなり、課題との折り合いをつけることが難しいと判断しました。
  • コロナによってキャンプが中止される可能性があるため。
  • 今年学校の夏休みも短縮になり、塾などの講習も入ってくる事から時間的な問題で利用できない。
  • キャンプの代わりにオンライン英語をやるつもりです。
  • 遠方からでも参加が可能か不明。
  • 来春高校受験を控えてるため。

まとめ:サマーキャンプの再開時期

本アンケートを通じて「サマーキャンプの再開はまだ早い」ということが見えてきました。

新型コロナ感染症に対するリスクが残る現状において、子どもたちが親元を離れ集団で行動するサマーキャンプへの参加は、不安が大きいと考える保護者が大半でした。

さらに、今年の夏休みは、休校による授業の遅れを取り戻す事が優先する考えもあります。

トモノカイが運営するイングリッシュキャンプ「Power in ME(パワーインミー)」についても、感染防止対策を徹底すると共に、学校様の要望に応じて、適宜、オンラインでのキャンプを実施してまいります。ぜひお気軽にご相談ください。

海外語学研修もサマーキャンプ同様に実施が難しい状況が続いています。トモノカイでは「Design&Communication(デザイン&コミュニケーション)」など、オンラインでの国内留学プログラムを用意しています。まずはお問合せフォームにてお声がけください。

一緒にコロナを乗り越えていきましょう。

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ 学習デザイン部門 伊丹・依田

お問い合わせはこちら

7/5(日)開催!SDGsをテーマに探求学習を推進する方法・ウェブセミナー

株式会社トモノカイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:徳岡臣紀)は、朝日新聞社との共同事業で制作した高等学校向けワークブック教材『探求×SDGs 地域課題解決のコツ』の刊行を記念し、 朝日新聞社主催のウェブセミナー「SDGsをテーマに探求学習を推進する方法」 を開催します。

日時:2020年7月5日(日)14:00~16:30(2時間半)

主催:朝日新聞社

対象:高等学校または中高一貫校の教師、探求学習やSDGsに興味のある教育関係者

方法;参加型オンラインセミナー(ZOOMを予定)

費用:無料

募集:300名、応募者多数の場合は抽選を予定

応募締切:2020年6月27日(土)

講師: 國學院大學 田村学教授、 東京都市大学 佐藤真久教授

ゲストパネリスト:埼玉県立杉戸高等学校教諭 高橋勇一郎先生

ウェブセミナーの詳細はこちらよりご確認いただけます。

「探究×SDGs」オンラインセミナー SDGsをテーマに探究学習を推進する方法

▼本件に関するお問い合わせ先

株式会社トモノカイ 探究×SDGs事務局:木曽原

お問い合わせはこちら

イングリッシュキャンプ「Power in ME」のサイトリニューアル

株式会社トモノカイ(東京都渋谷区 代表取締役社長:徳岡臣紀)は、 イングリッシュキャンプ「Power in ME」のサービスサイトをリニューアルいたしましたので、お知らせします。

サイトリニューアルの概要

  1. イングリッシュキャンプ「Power in ME」を感じられるコンテンツの充実
  2. コロナ禍でも「Power in ME」を感じられる無料動画コンテンツ「おうち時間で英語旅」の公開
  3. 積極的な「Power in ME」の情報発信を目的としたプレスルームの開設

サイトリニューアルの背景

イングリッシュキャンプ「Power in ME」は、生徒数や開催地、キャンプを通じて学ぶテーマといったすべての事柄に自由度が高く、生徒の成長を強く実感できるプログラムです。

しかし、 一般に開示されている情報が少なく、参加する外国人留学生についてイメージできる情報を自由に閲覧できない事が、学校関係者が検討する際のハードルとなっています。

これらの課題を解決すべく、イングリッシュキャンプ「Power in ME」のサービスサイトを大幅に刷新しました。

これからもイングリッシュキャンプ「Power in ME」を通じて、より良い国内グローバル体験を提供してまいります。

▼本件に関するお問い合わせ

株式会社トモノカイ グローバル教育共創室 担当:伊丹・神山

お問い合わせはこちら

緊急事態宣言解除に伴う当社対応について

平素は弊社業務に対し、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症に罹患された方々および関係者の方々に、心からお見舞い申し上げますとともに、疾患された方々の一日も早い快復をお祈り申し上げます。

日本政府による首都圏の「緊急事態宣言」が解除されたことを受け、2020年6月1日より、在宅勤務を継続しながら出社勤務を再開いたします。

対応方針

  • 2020年6月1日より在宅勤務を継続しながら一部出社勤務を再開いたします。
  • テレワーク実施率をモニタリングし、テレワークの利用に支障がある部門は、3密回避の対策を講じることとします。

対応期間

2020年6月1日(月)から

※なお、政府方針及び感染拡大状況により期間及び内容の見直しを随時行ってまいります。

上記対応により、お客様、学校関係者の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、 引き続き、何卒ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。